前へ
次へ

結婚にかかる費用ってどれくらい

プロポーズして結婚、幸せの絶頂にもかかわらず、頭の中をよぎるのは、結婚にかかるお金のことかもしれませんね。
結婚ってどれくらいの費用がかかるの、という疑問の答えは千差万別ですが、他の人たちの例を見ればだいたいの予想がつくかもしれません。
2017年のデータですが、日本の全国平均では挙式と披露宴の必要に354.8万円ほどかかっているようです。
挙式だけ見ると30万円で、料理が122万円とかなり多くなっています。
後は写真やビデオ撮影にかなりかかっているのが現代の特徴らしいですね。
ちなみにこれとは別に、婚約指輪は35万円くらいでハネムーンが72万円くらい。
新居にかかるのが72万円くらいですから、やっぱり余裕を持つなら500万円くらいはないと新生活は厳しそうですね。
ただ、すべてを2人で出すわけではなく、ご祝儀も平均30万円、親族からの援助も平均180万円入って来ているのも事実。
もちろん、ご祝儀だけをあてにすると大変なことになりますが、しっかり貯蓄して準備しておけば、焦らなくてもちゃんと結婚式は挙げられますよ。

Page Top